HOME > 痛みクリニック>
痛みクリニック 頭痛 痛みクリニック 頭痛 ‖ 生理痛について >>  痛みQ&A >> ‖

たかが頭痛、されど頭痛緊張型頭痛片頭痛群発頭痛かかりつけ医をもつことが大切


たかが頭痛、されど頭痛
頭痛は、日常的に経験する体の不調です。かぜや二日酔いなど、理由のはっきりしている一時的な頭痛ならば、休養をとればたいていはおさまります。しかし、慢性的に続くがんこな頭痛は、仕事や家事などに支障をきたすことも少なくありません。
また、なかには脳の病気が原因で頭痛が起きることもあります。「たかが頭痛、されど頭痛」。頭痛についての知識や対処法を身につけて、痛みを上手に乗り切っていきましょう。
頭痛についての知識や対処法を身につけましょう

頭痛持ちの頭痛
頭痛がくりかえし起きるのに、検査を受けても何の異常も見つからない。原因がはっきりしない頭痛は、俗にいう「頭痛もちの頭痛」で、「慢性頭痛(一次性頭痛)」ともいわれます。
慢性頭痛は、症状のあらわれ方によって「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発頭痛」の3タイプにわけられます。それぞれのタイプごとに、頭痛が起きるメカニズムや対処法が異なるので、まずは自分の頭痛のタイプを知ることが重要です。
>> 関連情報:セルフチェック


こんな頭痛には気をつけて
頭痛のなかには、何らかの病気が原因で起きるものもあります(二次性頭痛)。くも膜下出血や脳腫瘍など脳の病気を原因とする場合が多く、治療が遅れると命にかかわる事態になりかねません。
これまでに経験したことがないような激しい頭痛に襲われたときや、頭痛に加えて吐き気や嘔吐が日増しに強くなるとき、高熱、意識障害、言語障害、手足のまひ、視野狭窄などを伴うときには、すぐに病院を受診してください。
激しい頭痛やそれに伴う症状がある際はすぐに病院で受診しましょう


頭痛が起きるメカニズム
頭が痛いと、脳に痛みが起きているように思われるものです。しかし、実際は脳そのものが痛みを感じているわけではありません。ほとんどの頭痛は、頭蓋骨の外側にある筋肉や皮膚、あるいは脳を包んでいる膜や血管から起きるもので、脳自体とはほとんど関係がないのです。
頭痛が発生するメカニズムについては、まだ解明されていない点が多いのですが、血管の拡張や炎症、筋肉のこりや神経系のかかわりが明らかになってきています。

NEXT




Get ADOBE FLASH PLAYER

Flashコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要となります。
最新のAdobe Flash Playerは Adobe社のWebサイトより無料でダウンロード可能です。