HOME > 痛みクリニック>
痛みクリニック 生理痛痛みクリニック 生理痛 ‖ 頭痛について >>  痛みQ&A >> ‖

生理痛のメカニズム生理痛、なぜ?月経困難症を招く病気生理ではない時期の痛み鎮痛薬でコントロール



生理のときにあらわれる痛みを総称して「生理痛(月経痛)」と呼んでいます。生理痛の代表的な症状は、下腹部の痛みと腰痛ですが、なかには頭痛に悩まされる人も。
痛みの出現する時期には個人差があり、生理の前から痛み始めて、生理が始まると楽になる人もいれば、生理の1〜2日目がすごく痛むという人もいます。痛み方も、少し痛むといった程度から、鎮痛薬をのんでも寝込んでしまうほど痛む人まで、じつにさまざまです。



初潮を迎えて間もないような10代の女性は、子宮がまだ成熟していないために、子宮口が狭くて月経血をスムーズに押し出すことができません。
このため、子宮は強く収縮して月経血を押し出そうとします。この子宮の強い収縮が、生理痛の正体。子宮が成熟して月経血の排泄がスムーズにできるようになれば、生理痛は自然におさまってきます。出産で子宮口が広がって、生理痛がなくなる人も少なくありません。
生理痛は毎月くりかえすゆううつな痛み



生理のときには、子宮内膜からプロスタグランジンというホルモンが分泌されます。このホルモンが、子宮を収縮させて、不要になった子宮内膜や血液(月経血)の排泄を促す働きをしています。
体質的にプロスタグランジンの分泌量が多いと、必要以上に子宮が収縮して下腹部痛や腰痛が起きてしまいます。成人後にも重い生理痛が続くような場合には、このホルモンの分泌過剰のほかに、婦人科の病気による可能性もあります。

NEXT




Get ADOBE FLASH PLAYER

Flashコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要となります。
最新のAdobe Flash Playerは Adobe社のWebサイトより無料でダウンロード可能です。