HOME > 痛みクリニック>
痛みクリニック 生理痛痛みクリニック 生理痛 ‖ 頭痛について >>  痛みQ&A >> ‖

生理痛のメカニズム生理痛、なぜ?月経困難症を招く病気生理ではない時期の痛み鎮痛薬でコントロール


月経困難症を招く病気
毎月の生理のたびに寝込むほど痛む場合や、痛みのために生活に支障をきたすような場合は、「月経困難症」と診断されます。月経困難症の背後には、婦人科の病気が隠れていることが少なくありません。その代表的な病気が「子宮内膜症」と「子宮筋腫」です。
だんだん痛みがひどくなってきた、生理の出血量が増えたなど、これまでの生理とようすが変わってきたときには、とくに注意が必要です。早めに婦人科を受診しましょう。
痛みがひどい場合は婦人科を受診しましょう
子宮内膜症
子宮内膜症は、生理痛の原因となる代表的な病気です。本来は、子宮の内部だけにある子宮内膜組織が、子宮の筋層や骨盤内の腹膜、卵巣などで増えてしまいます。そして、女性ホルモンの刺激を受けて増殖して、生理のような出血を起こします。
しかし、子宮の筋層や骨盤内の腹膜、卵巣などには出口がないために、血液がたまって痛みを起こすのです。子宮内膜症の人のなかには、救急車が必要なほど激しく痛むこともあります。


子宮筋腫
子宮筋腫は、子宮の筋肉にできる良性の腫瘍。30代後半から40代の女性の4人に1人はもっているといわれるほど、よく見られる病気です。
子宮筋腫の症状には、生理痛のほか、出血量の増える過多月経、腰痛、不正出血、腹部にしこりがあるような感じなどがありますが、子宮内膜症と合併するとより強い生理痛が起きます。腫瘍が大きくなる、あるいは、小さいままでも痛みが強い、出血量が多い場合には、子宮筋腫の治療が必要です。

BACK NEXT




Get ADOBE FLASH PLAYER

Flashコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要となります。
最新のAdobe Flash Playerは Adobe社のWebサイトより無料でダウンロード可能です。