HOME >
タイレノール®ものがたり

タイレノール®誕生までのものがたりタイレノール事件タイレノール®の歩み

タイレノール®の歩み

1879年
大学卒業直後のロバート・マクニール(23歳)は、$167でフィラデルフィアの一角に小さな薬局をオープン。マクニール社の始まり。

1955年
タイレノール®小児用を医療用医薬品として発売し、米国でベストセラーの解熱鎮痛薬となる。タイレノール®の始まりは小児用の処方薬から。

1959年
ジョンソン・エンド・ジョンソン社がマクニール社を買収。

1960年
タイレノール®小児用が一般用医薬品として販売できるようになる。1ブランドで売上は約$30万。

1961年
タイレノール®大人用(錠剤)を一般用医薬品として販売開始。

1976年
タイレノール®は米国の一般用医薬品解熱鎮痛分野でNo.1ブランドとなる。

1979年
タイレノール®は米国ヘルス&ビューティー部門(日用品)でNo.1ブランドとなる。

1982年
タイレノール事件。

1986年
2回目のタイレノール事件発生。

1988年
異物混入を防ぐため、剤型を“カプセル”からカプセルのように見せた“錠剤”(ジェルキャップ)を発売。

2000年
日本での販売が開始。

現在
1秒間に製品5個が販売されている。
1961年以来、米国では2,400億錠が服用された。
これは地球上の全人口のすべての人々が、46回服用された計算となる。(社内データに基づく)


世界への歩み〜タイレノール®は46カ国で愛されています〜(2004年現在)

1950年代
カナダで発売

1970年代
サウジアラビア・レバノン含む湾岸地域・ブラジルで発売

1980年代
フィリピン・カリブ海諸国・ポルトガル・オーストラリア・メキシコで発売

1990年代
アラブ首長国連邦などの湾岸地域・クウェート・バーレーン・カタール・オーマン・バルト諸国・韓国・中国・南アフリカ・スイス・ベトナム・アルゼンチン・ベネズエラ

2000年
日本で発売
 

2004年
リニューアル

タイレノール®商品イメージ

BACK



Get ADOBE FLASH PLAYER

Flashコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要となります。
最新のAdobe Flash Playerは Adobe社のWebサイトより無料でダウンロード可能です。