HOME > タイレノール®について > 

いつでも(空腹時でも)のめるのはなぜ?


解熱鎮痛に、空腹時でものめるタイレノール®
空腹時でも服用いただけます

胃はプロスタグランジンで保護ざれています

空腹時に飲むと
もともと、人の胃壁は、プロスタグランジン(PG)という物質によって、胃酸から保護されています。  
  このPGが少なくなると、胃は胃酸によって荒れやすくなります。  
  タイレノール®は、胃壁を守るPGにほとんど影響しないため、空腹時でも服用いただけます。  
  ただし、かぜによる悪寒・発熱時には、なるべく空腹時をさけて服用してください。  


空腹時にのむと…
  ほとんどのお薬は、胃ではなく「小腸」で吸収されます。
  「食後に服用されたお薬」は、消化作業のため胃の中での滞留時間が長くなるため、「空腹時に服用されたお薬」に比べ、吸収部位である「小腸」に達するのが遅れる傾向があります。
  それに比べ、「空腹時に服用されたお薬」は、吸収部位である「小腸」に、比較的早く達します。


眠くならないタイレノール®
眠くなる成分は含まれていません。運転中でもおのみいただけます。
運転中でもおのみいただけます

ワンヒントNOW お薬の選び方

いま時代はセルフメディケーション
あなた自身のために、家族のために、ひとりひとりに合った予防法や薬を選択できるような知識を得て、健康を保っていきましょう。

ちゃんと自分に合った解熱鎮痛薬をのんでいますか
過去に解熱鎮痛薬をのんだときの症状や、現在の健康状況を伝えましょう。
「解熱鎮痛薬って、多少の違いはあっても、どれもこれもさほど変わらない」って思っていませんか。解熱鎮痛薬に使われている鎮痛成分は、市販されているものだけでも複数あります。そして、鎮痛成分が1種類のものや数種類含まれているものなど細かく分けるとかなりの数になります。それでは、その中から自分に合った薬を見つけるためにはどうすればいいのでしょうか。それは、薬局・薬店で、痛みに関する情報だけでなく、過去に解熱鎮痛薬をのんだときにでた症状や現在の健康状況などを伝える必要があります。薬局・薬店、薬剤師には積極的に自分のことを伝え、自分に合った頭痛薬を選び、のむようにしましょう。




Get ADOBE FLASH PLAYER

Flashコンテンツをご覧いただくには、Adobe Flash Playerが必要となります。
最新のAdobe Flash Playerは Adobe社のWebサイトより無料でダウンロード可能です。